SSブログ
前の10件 | -

奥多摩・川苔山 バス運休を知らずに… [東京での登山と日常]

 前日は旧友と楽しいひと時を過ごした。みんな立派な社会人で、いろんな責任を胸に抱えているんだろうな。でもバカ話が絶えなかった。楽しかったな。

20211128奥多摩駅.jpg

 その余韻を感じながら、奥多摩への電車に乗り込んだ。ちょっと遅めの出発。川苔山(かわのりやま)はBSの酒場放浪記のおじさんが登っているのを見たことがある。なんとかなるだろうとタカを括っていた。ところが奥多摩駅のバス停に行くと、林道工事のためバスが運休している。ガーン!他に転進する案もないので、駅前のビジターセンターへ行って情報収集を試みる。センターの女性に話をすると、本仁田山を勧められる。川苔山の前衛の山だ。そこから川苔山ピストンができるかも。「日暮れが早いので16時には下山してください」とピストン案には顔をこもらせた。

20211128氷川国際釣場.jpg

 9時半に駅を出た。教えられた道を歩いていると、橋の上からマス釣り場を見下ろすことができた。「それもいい」と思った。東京はレジャーが豊富だ。駅から歩いて行けるマス釣場。あんまりないだろう。

 山道に入ると植林の中の急登だ。これは正直つまらない道だなと思う。尾根上に出てもやっぱり傾斜はきつい。それでも11時15分ごろに頂上に着いた。

20211128本仁田山.jpg

 頂上には10人以上いたので、実は割とメジャーな山なのかもしれない。そこからどうするか。ビジターセンターの女性の非難するような顔が眼に浮かぶが、タイムリミットをきって川苔山へ足を進める。

20211128鋸尾根.jpg

 大タワからは鋸尾根と呼ばれるところを登る。ゴツゴツした細い尾根だ。帰りにこれを下るとしたら結構嫌らしいな。それも日が暮れたら危ないぞ、と自分で自分に注意を促す。
 時間との勝負だ。進め、進め。ここのところよく登山しているからか、体重も軽くなってきたからか、足がよく動く。このペースならなんとか行けそうだ。

20211128川苔山はもうすぐ.jpg

 山頂に近くなると何人もの登山者とすれ違う。よし、自分はそれほど遅い組でもなさそうだ。

20211128川苔山山頂.jpg

 山頂には13時に着いた。晴れ渡っているので奥多摩の山々が青く輝いている。雲取山とかかしら?

20211128奥多摩の山々.jpg

 舟井戸というところから、鳩ノ巣駅への道が付いている。ラッキー!鋸尾根を経由せずに済むぞ。勝利を確信する。まだ13時15分だ。2時間で駅に着くだろう。植林の中の道は、影に入るとなるほど薄暗い。センターの女性の言う通りだ。

 結局、鳩ノ巣駅に着いたのは14時50分だった。情報収集でミスったけれど、なんとか速さでカバーできた。逆にちょっと自信がついた山行となった。

スマホの記録はこちら


多摩・奥多摩ベストハイク 30コース

多摩・奥多摩ベストハイク 30コース

  • 作者: 重信秀年
  • 出版社/メーカー: 東京新聞
  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(0) 

日光・戦場ヶ原 素晴らしい景観です [東京での登山と日常]

OI000245.JPG
日光白根山を登ったその足で戦場ヶ原をハイキングしてきました。湯ノ湖から出発して、湯滝は人工物かと思わせるような滝です。
OI000242.JPG
戦場ヶ原に出ると男体山が印象的です。こんなにいい山だったっけ?というくらいほれぼれします。
OI000244.JPG
火山活動による堰き止め湖に土砂が堆積してできた地形とのこと。名前の由来は男体山と赤城山がここで大蛇と大ムカデとなって闘ったとされる伝説からとのことです。

新緑や紅葉の頃はどんなでしょう?行きたいところがまた増えてしまった。


nice!(2)  コメント(0) 

快晴無風、初冬の日光白根山 [東京での登山と日常]

 週末は土日ともお天気がいいらしい。こんな機会を逃してはダメだと週の初めからソワソワと計画を考える。紅葉を求めたほうがいいだろうか?それとも本格的な雪のシーズンに入る前に関東北部の山に行くか?結論は後者。それで考えたのが日光白根山。ロープウェイもあるらしいと調べて見たらもうシーズンオフで営業していない。仕方ないと諦め、湯元温泉から山中の避難小屋を使って1泊2日で登ることにしました。

右が男体山、真ん中あたりに女峰山も写っているのだろうか?

 10時10分に湯元温泉を出発。樹林帯の急登を登りきると展望がひらけた。これまで男体山にはあんまり触手が伸びなかったのだが、上の写真を見るとなんと広大な裾野を広げているのだろうと思う。あの樹林を徘徊して見たいと思いました。

日光白根山と五色沼

 日光白根山の山頂はなかなか姿を見せなかった。里からはなかなか馴染みにくい山だなあと思う。前白根山に到着すると五色沼を従えた姿を拝むことができた。

五色沼避難小屋

 五色沼避難小屋手前で、スリップして尻もちをつく。やっぱりアイゼンを付けた方がよかったか。どうも学生の貧乏性が抜けきれず、「アイゼンの爪が丸くなるのであまり使いたくない」との考えが出てしまう。
 さて荷物をデポして軽装で頂上にアタックする。

白根山山頂

 最後の岩場を登りきると頂上に着いた。
 無風快晴。日差しが暖かい。全く音がしない。どこか遠くの惑星に漂着した宇宙飛行士の気分だ。富士山が見える。先月登った皇海山(すかいさん)も見えるはずだけど、どれがそうなのか判断がつかない。あ〜でも来てよかった。まさかこんなに良い天気だとは。

五色沼避難小屋 内部

 今宵の宿は先ほどの五色沼避難小屋。もう一人のおじさんが同宿だった。元有名社会人山岳会のKさんで、劔を雪のシーズンに北方稜線、小窓尾根、奥大日から登ったとか、真冬にチンネに登ったとか、劔沢大滝の完全遡行を大阪市大の和田さんに先んじられたとか、「この人いわゆるレジェンドでは」と思うお話だった。面白かった。「50代の後半に筋力が落ちてからはダメだ」と話していた。まさしく僕が今直面していることじゃないか!

朝日に照らされる日光白根山

 翌日は5時半ごろに起きた。昨日17時半ごろに寝て、確かに0時から3時ごろまで眠れなかったが、夜明けごろにもう一度眠ることができたようだ。よく眠れるものだなあ。
 今日も天気が良いが、風が吹いている。Kさんに挨拶する「またどこかで会いましょう」

五色山の稜線の池塘は氷が張っていた

 五色山に登り返すと湯元温泉を見下ろすことができた。思ったより、近いな。
 こっちの道の方が空が開けていて気分的にも良い。9時10分にバスターミナルに到着した。

五色山から湯元温泉を見下ろす

 火山性の山なので、あんまり期待していなかったけれど、レジェンドの人の話を聞くことができたし、初冬のこの時期にいちど山に入っているのは、冬のシーズンを迎える前の、自分自身の心の準備を整える上で重要なステップだと思う。ロープウェイが終わっていたことは、かえってよかったのかもしれない。

■日光白根山 2021/11/13-14
1.湯元温泉ビジターセンター(10:15/13:05)前白根山(13:15/13:30)五色沼避難小屋(13:30/14:30)白根山(14:40/15:25)五色沼避難小屋
2.五色沼避難小屋(6:25/7:30)五色山(7:30/9:10)湯元温泉バス停
 
nice!(4)  コメント(1) 

内房・鋸山と丹沢・大山にのんびりハイク [東京での登山と日常]

 ちょっと日和って日帰りハイクを楽しみました。

 千葉は内房(房総半島の内っ側)にある鋸山。下の写真が印象的です。12時過ぎにJR浜金谷駅に着いて、まずは腹ごしらえと思い、アジのフライが有名らしいので国道沿いのある飲食店に行くと「2時間待ち」とのこと。国道では車も渋滞しているし、自粛解除されみんな一気に動き出した感じですかね。

鋸山の地獄のぞき

 気持ちを入れ替えて近くのスーパーでパンや大福餅を買い込んで鋸山を目指します。車力道という道を通って石を運んでいたそうです。山頂はさておいて、ここは石切場の人工の幾何学的な美しさを感じます。下の写真はラピュタの壁と言われているそうです。

鋸山のラピュタの壁

 「ここまで来たのだから」と日本寺境内に700円払って入り、「地獄のぞき」(1つ目の写真)へ行きますが、ここも長蛇の列ができていたので、写真だけ撮って保田駅に下山。列車を待って浜金谷に戻り今度は東京湾フェリーに乗って久里浜を目指します。

東京湾フェリーで金谷から久里浜へ

 16時半に出港したのですが、夕陽がとてもきれいでした。船内でビールを買ってプシュッ!

PB030767.jpg

 続いてハイキングしたのは丹沢の大山(おおやま)です。今回は職場の同僚と一緒で、山よりおしゃべりを楽しむ感じです。ケーブルカーはあるし、茶店も多く、スイーツを食べさせる店があるなど一般の方も多くいらっしゃいます。

20211106大山2見晴台.jpg

 大山は豆腐料理と独楽(こま)が有名とのことで、下山後はこま参道にある「とうふ処 小川家」で豆腐懐石をいただきました。美味しかったです。
 ポツリポツリと話しながら豆腐を食する、この時間の流れがとても貴重な気がしました。あ〜とっても満足です。たまにはこういうのもいいものですね。

20211106大山2.jpg

nice!(4)  コメント(0) 

高尾山塊・小下沢源流から堂所山  [東京での登山と日常]

 緊急事態宣言も解除されたので、友人を誘って控えめに高尾山へ。今年は一度も沢登りをしなかったので、沢筋を歩くコースを選びました。高尾山塊・景信山の北側を流れる小下沢です。

高尾山塊・小下沢源流

 キャンプ場跡の小屋(日本山岳会の看板があった)前で、沢シューズにヘルメット装着。万全の装備に身を固めました。沢は所々で滝をかけ、景信山へ突き上げる沢が三段の滝で出合っていました。

高尾山塊・小下沢源流
 
 実際のところは、すぐ横にある林道を歩くことも多く、あまり収穫がないまま源流部まで沢を詰め上がります。

高尾山塊・小下沢源流

 薮が出てこなかったのが唯一の救い。堂所山から景信山へ歩を進め、小仏峠のバス停へ。

 お茶をゆっくり飲んだり、高尾駅にある温泉に入ったり楽しみました。コロナで単独行の楽しみを知った私ですが、人と一緒に登るのもやっぱり面白いと再認識した次第です。

nice!(3)  コメント(0) 

丹沢・塔ノ岳は雨に降られました [東京での登山と日常]

 天気予報は「曇りで、昼から回復して晴れ間がのぞく」を信じ、曇り空のもと代々木上原の駅で小田急線に乗り換えて丹沢を目指します。渋沢駅でバスに乗って大倉登山口へ。登路とする大倉尾根は「ばか尾根」と呼ばれています。

塔ノ岳・大倉尾根なだらかなところもある

 途中には緩やかなところもありますが、基本は「ばか尾根」です。ぐんぐん高度を上げていきます。植生保護のために木道や階段が設置されています。段差が少なく丁寧な仕事をしています。

植生保護のために木道となっている

リンドウ

シロヨメナでしょうか?

 やがて塔ノ岳の頂上に着きました。登る途中は霧雨のような天気でしたが、頂上に着いた時にはまあまあな雨粒となりました。ついに雨具を取り出して着込みました。魔法瓶に入れてきたお湯で素早くカップラーメンを食べてすぐに出発。

塔ノ岳頂上

 同じ道を下るのもなんですので、表尾根を下って、ヤビツ峠へ向かうことにしました。ヤビツ峠のバスは14時台には34分と51分の2便あるようです。

ヤビツ峠へ表尾根を下る

ヤビツ峠へ表尾根を下る。鎖場も

 表尾根は途中で切れ落ちた細尾根が出てきたり、鎖場が出てきます。丹沢自体は崩壊地形なのでしょうか。

 途中で茶屋もありました。そして三ノ塔の避難小屋は大きくて立派でした。中から賑やかな声が聞こえてきます。あとから聞いた話によると、ヤビツ峠から登ってきた人は、雨で塔ノ岳を諦め、三ノ塔の小屋で引き返す人もいたとか。

アザミ

 結局13時半ごろにヤビツ峠に到着しました。下山すると晴れ間が出てくるいつものパターンです。峠には自転車やバイクの愛好者がたくさんいらっしゃいました。カフェなんかもできたようですが、一人だし遠慮しました。
 アマチュア無線のスイッチを入れると、この日はCQコンテストの日のようで賑やかです。聞いていたら、あっという間に時間がすぎてバスに乗る時刻になりました。2時間半ほどで家に到着。アクセス便利だな〜。

ヤビツ峠

 やっぱり雨とガスでは、もう一つ記憶に残りません。丹沢自体は他にも色々コースがあるようですので、いつかリベンジですね、これは。

■丹沢・塔ノ岳(2021/10/10)
大倉(7:45/9:40)塔ノ岳(10:35/13:40)ヤビツ峠

nice!(4)  コメント(0) 

足尾山塊・皇海山 庚申山荘から [東京での登山と日常]

 皇海山。「すかいさん」と読みます。足尾山塊の盟主と呼ばれているらしいのですが、関西人には全く馴染みがありません。しかし日本百名山の中でも最も過酷なルートだというので、天気が良い(先週の)週末に行って来ました。結果、手応え十分でした。

一の鳥居

わたらせ渓谷鉄道の原向(はらむこう)駅でおり、他の登山客が頼んでいたタクシーに便乗して乗せてもらい(代金は割り勘とした)、国民宿舎かじか荘へ。入山届と庚申山荘の代金2,080円を支払って出発。林道を歩いて一の鳥居から登山道となった。

 巨岩が緑の中に点在していて、なかなかおもしろい。悲しい伝説もある。昔は庚申講(こうしんこう)の信仰の登山だったそうだが、いまはほとんどいないそうだ。やがて庚申山荘に到着。

庚申山荘

 庚申山荘は素泊まり専用。毛布もあるが自分も含めて、ほとんどの人は寝袋持参だった。合計20人ぐらいは宿泊しただろうか。緊急事態宣言が解除されたからか?大きな声で話す人がいて「酔っ払いって面倒臭いなあ〜」と久しぶりに思った。20時半には静かになった。

ヘッドランプ行動

 翌日は4時に起きて4時半過ぎに出発。ヘッドランプ行動。昨日のうちに小屋からの道に見当をつけておいてよかった。くるくると岩塊の間を縫うように道がつけられている、と思う。明るければ奇岩林立の感じがわかるのだろうけど、真っ暗でわからない。やがて庚申山に到着した。ここでみかんを食べて元気を出す。

庚申山

 ちょっと行くと視野が広がって、皇海山がどーんと目の前に見えた。なかなか立派な山容だ。

鋸岳と皇海山

 あまり確かではないが、日光の山が見えた。男体山とか日光白根山とかだと思う。

日光白根山や男体山?

 ヘッドランプの時に非常に役立ったのが下の写真の蛍光目印だ。本当に助けられました。

蛍光の目印に助けられた

 やがて鋸岳が見えました。今回の登山の核心部と言われるところです。人がいるのが見えます。

鋸岳 核心部に人が見える

 下の写真は核心部の取り付き部分。鎖に沿っていけば大したことありません。

鋸岳の核心部

 ロープがまっすぐに伸びていて、たどって行くと最後にちょっとスリップが許されない緊張感ある露岩が。ここは身体が空中に飛び出す感覚がありました。みんなこんなところ大丈夫なんだろうか?

鋸岳の核心部

 核心部を超えたピークから一度ギャップを梯子を使って下ります。結構な高さですよ、これ。

鋸岳手前 ハシゴを下る

 鋸岳に到着しました。ここでウィダーinゼリーをいただき、元気を出します。

鋸岳頂上 皇海山が目の前に

 鋸岳から激下りです。ロープがつけられています。やがて不動沢のコルに到着しました。ここから鋸岳を見上げると、なるほどギザギザです。

不動沢のコルから見る鋸岳

 皇海山は不動沢のコルに近いところに林道があったため、簡単に登れるようになっていたのですが、台風のため林道が寸断され、いま私がたどって来た長いルートしかないのです。皆さん「クラシック・ルート」とよんでいます。

皇海山の標識が出て来た

 辛抱して登っていると皇海山の山頂に着きました。展望もなく、何となく気分は晴れませんが、予定より早い到着です。よ〜し、このまま行って早い電車に飛び乗ろうと気分をあげます。

皇海山の頂上

 鋸岳に登り返し、六林班峠方面へ足を踏み入れます。

鋸岳から六林班峠方面を見下ろす

 このみちは藪漕ぎがあって、第2の核心と呼ばれています。時々背丈ほどもある笹があるものの、足元は刈られていて迷うことはありません。

背丈ほどの熊笹

 六林班峠に到着です。10時半過ぎ。最後のみかんを食べます。

六林班峠

 このコースはよくこんなに高低をつけることなくトラバース道を作ったものだ、と感心するほどです。そして森がとてもきれい。一部で紅葉が始まったようです。

紅葉が始まったようだ

 巨木もそこかしこにあって、庚申山荘近くではまたまた巨岩が点在しています。神様が配置したかのようです。

素晴らしい森が続く

 一の鳥居まで戻り、林道を歩いていると電波(docomo)が通じたので、タクシーをかじか荘に呼んで、15時22分のわたらせ渓谷鉄道に乗ることができました。あ〜しんどかった。

 いろんな人が言うほどつまらない山ではありません。岩場あり、藪あり、森林がきれいとアピールポイントがいくつもあります。そして行動時間の長さが、行程の戦略を考える上でとても頭の体操になります。行動を終えると思わずニンマリしてしまいます。

■足尾山塊・皇海山(2021/10/2-3)
1.かじか荘(10:50/13:30)庚申山荘
2.庚申山荘(4:35/8:45)皇海山(9:00/10:35)六林班峠(10:45/12:50)庚申山荘(13:10/14:50)かじか荘
nice!(3)  コメント(0) 

筑波山、高水三山など日帰り登山 [東京での登山と日常]

 緊急事態宣言のもと、単独でもまず事故にならない山を選んで登ってきました。関東の山を知るには、まあいい機会でしょう。

■筑波山(9月12日)
 最初は神奈川方面を考えていたのですが、天気予報を見て急遽方向転換。つくばエクスプレスでつくば駅へ。駅においてあった登山マップを確認しながら8時のバスに乗って筑波山神社入口というバス停に。日本百名山だけに登山客は多い。御幸ヶ原コースを登路、白雲橋コースを下山路としました。ケーブルもロープウェイもある山ということで多くの登山客、ハイカーがいました。唯一静かだったのは男体山の自然研究路。綺麗な森で気持ちが良かったです。天気はやっぱり晴れませんでした。

筑波山神社(8:40/10:00)御幸ケ原(10:05/10:15)男体山(10:15/11:05)自然研究路経由で女体山(11:05/12:35)筑波山神社

筑波山 男体山の自然研究路

■奥多摩・高水三山(9月23日)
 お天気が良いものの、あまり遠くないところと思って、駅から歩ける高水三山に行きました。JR青梅線の軍畑(いくさばた)駅から高水山、岩茸石山、惣岳山の三つの山を縦走するコースです。岩茸石山は展望が良さそうですが、ガスが晴れきれません。12時半頃にJR御嶽駅に到着しました。青梅線にボルダリングのマットを持った若者が複数人いたので、どこに行くのかしら?と思ったら、御嶽なんですね。駅の横のインフォメーションセンターで「ボルダリングはどの辺でやっているのですか?」と聞くと、地図を指差しながら「この岩が人気らしいよ。忍者がえしの岩」あ〜これがそうなのか。超有名ですよね、たしか。ボルダリングも数年やってないなあ。マットもって通えるくらい実力を上げたい…

JR軍畑(8:45/10:15)高水山(10:15/10:40)岩茸石山(10:55/11:30)惣岳山(11:30/12:30)JR御嶽

御嶽の橋から多摩川を見下ろす
 
nice!(2)  コメント(0) 

「JR上野駅公園口」オリエンテーリング [東京での登山と日常]

 週末の天気予報は曇りとなっていますが「大気も不安定で関東の山はどこも雨が降るだろう」と、言い訳をつけて休養としました。ちょっと疲れもあるようです。

 柳美里の「JR上野駅公園口」を読みました。全米図書賞翻訳部門の受賞作品です。
 「おめえはつくづく運がねぇどなあ」上手くいかない人生もあるのだ。それは誰の身にも起こりうる。だから人は家族の健康を祈る。

JR上野駅公園口

 上野公園は正しくは上野恩賜(おんし)公園という。もともとは徳川家の菩提寺としても栄えた寛永寺というお寺で、明治維新で官有地となり、大正時代に東京市に下賜(かし)され、その時から上野恩賜公園という名前になったそうだ。そして上野駅はいうまでもなく東北への玄関口だった。

 昭和生まれの人間にとっては、上野というとちょっとわい雑で子供には怖いところというイメージがあったのですが、全くの杞憂でむしろ綺麗すぎるくらいでした。きっと小説が書かれた頃よりもっと「健全化」が図られたのでしょう。

上野恩賜公園 大噴水前

 今回上野を散策するにあたって、オリエンテーリングアプリ「NaviTabi」を使ってみました。おかげでいろんな建築物も見ることができました。

国際子ども図書館

 上の写真は国際子ども図書館。1906年建造の旧帝国図書館。2000年に国際子ども図書館となる際に安藤忠雄さんが設計の監修を務めたそうです。

東京藝術大学音楽学部一号館

 上の写真は東京藝術大学音楽学部の一号館です。1880年竣工。東京における現存最古のレンガ建築とのこと。確かに煉瓦一つ一つが丸みを帯びています。周りの緑ととても調和が取れていますね。書庫として建てられたため、窓には鉄扉がつけられています。

東京都美術館でゴッホ展開催中

上野動物園も整理券で入場制限

 東京都美術館ではゴッホ展が開かれていました。「えらく空いているなあ」と思ったら、予約制でした。続いて上野動物園も予約制です。予約が当たり前になったのですね。

上野大佛

 上の写真は上野大佛です。上野に大仏があったなんて知りませんでした。胴体部分は戦時中に金属供出されたそうで、現在はレリーフのみ。

不忍池

 不忍池(しのばずのいけ)は小説で何度も出て来ます。ここには昔競馬場があったそうです。階段を上り返して西郷隆盛像と彰義隊墓所があります。小説にも書かれています。

「西郷さんの背後に彰義隊士の墓があって、五分も離れていないところにある清水観音堂に上野戦争で官軍の鍋島藩が撃った砲弾が保管されておるなんて、ここはなかなかおかしなところですよ」


 関西に住んでいると、なんとなく明治維新のゴタゴタというか人間模様が頭に入らない(もともと日本史を覚えるのが嫌いだった)のですが、官軍か逆賊か、どちらが正義なのか…。落ち着きどころがこの上野での集合だとしたらたしかに妙な巡り合わせです。

擂鉢山近くは網が張られている 

 ホームレスらしき人たちも見かけましたが、コヤのようなものは一切ありませんでした。東京五輪の名の下で「山狩り」が細く長く計画的に行われたと想像します。

 小説のテーマにもある天皇制との距離感も東京の方が生々しく感じられるような気がしました。


JR上野駅公園口 (河出文庫)

JR上野駅公園口 (河出文庫)

  • 作者: 柳美里
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/03/03
  • メディア: Kindle版



nice!(6)  コメント(0) 

JQ3DWN開局しました! 開局までの流れまとめ [アマチュア無線]

P9220500.jpg

 総務省から「無線局免許状」が届きました。コールサインは「JQ3DWN」です。いや〜長かった。これまでの経緯を時系列でまとめて見ますと…

4月20日 インターネットで試験申請。郵便局で日本無線協会に納付(¥5,163)
5月中旬 勉強を始める
6月20日 大阪会場で試験 
7月1日  合格通知
7月5日頃 総務省に封書で無線従事者免許申請(返信用の簡易書留同封:宛先は東京の住所)

<東京へ単身赴任で転居>

8月7日  無線従事者の免許状が来る。「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」のユーザーIDを申請
8月12日 総務省の関東総通からユーザーIDを記したハガキが来る
8月18日 無線機を購入。八重洲無線「FT-70D」(¥22,800)
8月20日 無線機の取り扱い説明書を見ながら電子申請
8月25日 電子申請を訂正して再提出(申請者の住所は試験を受けた大阪の住所に。届け先は東京に)
9月6日  総務省から「申請が受け付けられましたので」申請手数料の納付依頼メール。総務省にPay-easyで納付(¥2,900)
9月9日  審査終了の通知がメールで来る
9月11日 無線局免許状が来る
9月18日 9月13日付の電波利用料納付依頼の封書が大阪の住所に。Pay-easyで納付(¥1,500)

 何度か迷ったのが、合格通知を受けてから東京に単身赴任したことです。これは無線機を購入したお店の人に聞くと「無線局免許状は試験を受けた近畿総合通信局長名になるので、コールサインはエリア3として申請。単身赴任は一時的と解釈して東京で移動運用としたら」とアドバイス受けました。
 8月25日の再提出は申請者の住所は東京を大阪に訂正したものです。電子申請なので再提出楽でした。

 いざ無線機のスイッチをつけて先輩方の会話を聞くと専門用語も飛び交い、なんのことだかわからない。もう少しアマチュア無線界のことを知らなければならないと思って雑誌を買い込みました。ちょうど「初めてのアマチュア無線Q&A集」でしたので…
 QSLカードの交換も盛んなようなので、とりあえず1年JARLに入会することにします。何事も経験だ。

 
CQ ham radio 2021年10月号

CQ ham radio 2021年10月号

  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2021/09/18
  • メディア: 雑誌




おもしろ無線受信ガイドver.21 (三才ムック)

おもしろ無線受信ガイドver.21 (三才ムック)

  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2021/05/17
  • メディア: ムック



nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | -